読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教頭降臨-Kyoto Callin'

自由に歌いすぎるマッドボーカリスト・まくはりきょうとうの公式ブログ

ライブ始末記・9/28SunriseWoo@IwooNOGATA

ライブ備忘録

夏に臨時の仕事が入る可能性もあったり、5月から7月にかけてライブに何本も出演したりしたこともあって、少しペースを落とそうということで8月は結局RARIROO殿方に出演しただけで終わり。そして2ヶ月ぶりになる歌ライブは前回と同じくIwooNOGATAのSunriseWoo。今回は新ネタも常連ネタも織り交ぜたセットリストに…。

  1. 元祖天才バカボンの春(カバー/ア・カペラ、1番のみ)
  2. 恋する夏の日(カバー)
  3. 世界に一つだけの恋なんてしない
  4. Red Angel Runnin'
  5. Rapturous Yellow Happy
  6. 冬が来る前に(カバー、原曲歌唱:紙ふうせん
  7. ウルトラソウルWatching feat.まくはりきょうこ

やっぱり41歳になったからね、歌っておかないと…ということで歌った1曲め。41歳になった感慨とある意味の寂しさを込めて歌うならア・カペラかな…と思ってア・カペラで歌ってみましたよ。

「恋する夏の日」は王道なアイドルソングって印象で好きなんですよ。振りは実際に天地真理さんがやっていたふりを少しアレンジして取り入れてみました。ふりを入れると更に楽しく歌えるような気がしますね。

「世界に一つだけの恋なんてしない」は今年の1月の歌星@Imixでおろしたネタなんだけども、今年作ったネタの中では最高傑作だと思っているので、押しとかないとね。

「Rapturous Yellow Happy」は今回はじめておろした新ネタ。私はポケットビスケッツの歌の中でRapturous Blueが一番好きなんですよ。リリースされた歌の中で最も気持ちが込められているような感じを受けます。この歌を使ってネタを作りたいと思ってまして…。「Red Angel Runnin'」も同じくポケビの歌を使ったネタで、違和感覚えないできになっているので、これも押して行きたいのだけれども、それと同じくらい「Rapturous Yellow Happy」も育てていきたいねぇ…。

「冬が来る前に」はこの時期になると歌いたくなる歌ですね。サビのところで気持ちをうまく載せることができるか、そこが難しい歌にように感じています。

「ウルトラソウルWatching」は、まくはりきょうこに頼んで録音のまくはりきょうことのデュエットで歌っております。まくはりきょうこもおかげさまでいろんな人に面白がってもらえているので、まくはりきょうこネタも私のライブコンテンツとしてより楽しんでもらえるように育てていかないとね。

ところで未だにまくはりきょうこの正体を一発で見破った人がいないね…。それは嬉しくもあり悲しくもありw。

 

ちなみにこの日のライブが終わった後に、フォークソングももっと歌いたくなったり(ついで言うとフォーク酒場みたいなところに行って…)、焼き鳥ぼんじり食べたくなったり、BBクイーンズの歌を歌いたくなったりしたのは何かのワナですか?w

 

お立ち会いいただけた皆様、ありがとうございました。